デジタルファクトリーで画面を見る人たち

デジタルファクトリーセグメント コンセプトからメンテナンスまで、付加価値を創出

フエニックス・コンタクトのデジタルファクトリーのコンセプトでは、製造システムのあらゆる分野を考慮するようになりました。バリューチェーン全体に添って、拡張可能ですぐに利用できるさまざまなソリューションがあります。

4つのセグメントについてご説明します。今すぐデジタル化の可能性をご確認下さい。

データの収集、保存、評価のアイコン

データの収集、保存、評価 データを効率的に収集し、柔軟に保存してそのメリットを評価

これまでのOTレベルとITレベルを分離する時代は終わりました。モノのインターネットの到来以来、あらゆる機器がネットワーク化されて互いに通信できるようになりました。これにより、人工知能(AI)を使用するデータの解析やそれに伴う生産性向上など、多くのメリットが得られます。しかし、必然的に課題も生じます。その中の1つは、CE適合を失うことなく既存の機械をネットワークに統合して、データを収集することです。古い世界を新しい世界と接続して、機械からMESまでのスムーズなデータ交換を確実にするためには、最新の通信プロトコル向けのインターフェースを構築することも必要です。その後データは、個々のアプリケーションに応じてローカルまたはクラウドに保存されます。

データ伝送のアイコン

データ伝送 高性能ネットワークはデジタルファクトリーのバックボーンです

データは、センサからクラウドまで、デジタルファクトリーのあらゆるレベルで生成されます。イーサネットに接続されデータの送受信を行う機器の数が増えているため、ネットワークがますます複雑になります。ここでは、デジタルファクトリーでの製造がスムーズに行われるために、効率的なデータフローが基本的要件です。さらに、その後追加のインテリジェント機器をネットワークに統合することにより、常に拡張し継続的に変化があります。将来に備えたインフラを構築するためには、ネットワーク診断のオプションとともに、十分に柔軟な構造が必要です。

データセキュリティのアイコン

データセキュリティ ハッカーによる攻撃の可能性なし―OTセキュリティを安全に

ネットワーク内のすべての機器をインターネットに接続することで、サービスパートナーによる監視やメンテナンスでも、どこからでも機械に簡単にアクセスできるなど、製造活動に多くのメリットがあります。しかし、これには第三者が不正なアクセスを行うリスクが伴うため、生産活動全体を保護する必要があります。フエニックス・コンタクトはIEC 62443に準拠して認証されているため、トラブルのない運用のための包括的なセキュリティコンセプトを提供します。
旧式のシステムでは、更新の終了とそれに伴うトロイの木馬やウィルスに対する保護の欠如により、統合が困難です。このような場合でも、CIFS監視により安全な統合が可能です。

データ利用のアイコン

データ利用 データをスマートに利用

自己組織化のスマートファクトリーを実現するには、的を絞ったデータ活用とネットワーク化が欠かせません。それにより製造における材料のフローを柔軟に制御でき、変動の激しい市場の変化に迅速に対応することができます。製造のライフサイクルを短縮するためには、デジタルファクトリーをシステムに水平統合および垂直統合することが必要です。ここではERP、MES、製造のネットワーク化が鍵です。保存されている製造データから新しい情報が生成、最適化による効率向上が可能になります。データと共に、グローバルな安全性、通信、セキュリティコンセプトの統合に伴う課題も考慮する必要があります。とりわけ、これにはインダストリー4.0と新しいオートメーション規格が役立ちます。