プレースホルダ

ドイツのリンゲン(Lingen)にあるGDF SUEZ社の無線信号伝送

  • 最長32キロメートルにわたる分散型プラント向けの最適な無線システム
  • 高度なITセキュリティのモジュール型システム
  • 最大250台の機器の大規模メッシュネットワークにも最適

電力供給会社GDF SUEZ Deutschland社

GDF SUEZ E&P DEUTSCHLAND GmbH社は、ドイツの天然ガスと石油の調査、抽出、マーケティングを積極的に行っています。革新的なテクノロジと従業員の高い専門知識により同社は欧州における電源の安定供給で重要な役割を担っています。

同社は世界最大のエネルギーグループGDF SUEZ Groupの一部です。

アプリケーション

GDF Suez E&P Deutschland GmbH社は、リンゲン(Lingen)の北900 kmの原油と天然ガスを採掘しています。地下900 mから石油、天然ガス、海水の混合物が取り出されています。

分離後、沈殿水を注入ポンプに移します。この水は油田の端にある6本の注入井から貯留岩に戻されます。

油井の注入圧は重要な処理パラメータとして連続的に監視する必要があります。当初、これは目視検査と手動データ収集で行われていました。

Trusted Wirelessソリューション

Trusted Wirelessソリューション

ソリューション

「複雑なケーブル配線に代わるものを探していましたが、フエニックス・コンタクトの無線ソリューションTrusted Wirelessを選びました」とGDF SUEZ社で計測制御回路技術を担当しているFriedrich Schulte氏は説明します。

Schulte氏は、不便な場所にある2本の油井をTrusted Wirelessモジュールで接続することができました。現場の北端にある油田から600 m離れた中央注入ポンプに測定値を送るには、鉄道の線路を横断する必要がありました。

ケーブルソリューションであればさらに掘削作業が必要だったことでしょう。「鉄道線路の下を掘削することは、高いコストと安全対策だけでなく、行政の負担や認可手続きも必要になります。」とSchulte氏は述べています。「無線接続にしたことで、それらすべてが不要になりました。」

無線経路はRAD-Line I/O無線伝送システムで設定しました。2つのデジタル信号と1つのアナログ信号を送信機と受信機の間で伝送します。さまざまな無線アクセサリにはパネルアンテナがあり、厳しい周囲条件でも600 mを問題なくカバーします。

RAD-Line I/Oモジュールで使用するTrusted Wirelessテクノロジは電車や高電圧システムの影響を受けません。

2本目の油井も厳しい条件の場所にあり、油田の最南端にあります。ここには事実上インフラが存在しません。無線モジュールとセンサはソーラー電源ユニットで給電しており、フエニックス・コンタクトが産業用無線アプリケーション専用に設計しました。

ソーラーモジュールにはソーラーセルのほかに充電コントローラ、ソーラーバッテリー、サージ保護を接続した制御盤で構成されています。

まとめ

以前は、エムスランド(Emsland)にあるGDF SUEZ E&P DEUTSCHLAND GMBH社の油井に設置した測定用ステーションに毎日通う必要がありました。それは水を注入する圧力バルブを収集するためでした。

現在この情報はフエニックス・コンタクトのTrusted Wirelessソリューションで継続的に送信されています。このため安全性と効率が大幅に向上しました。