風力タービン発電機

ローターブレードの構造的監視 風力発電機の確実な運転

現代的な風力発電機は、無数のセンサで監視されています。特にローターブレードに装備されるセンサの数は、増える一方です。風力発電機の通常の運転は、監視されて最適化され、損傷も早い段階で検出されます。そのため、修理とメンテナンスの計画が容易になります。構造監視はこのセンサテクノロジの不可欠な部分です。ローターブレードの構造が、運転中にどのように変化するかを常時監視するために使用されます。

アプリケーション

風力発電機のローターブレードは、極度な動的負荷にさらされます。その結果、小規模な損傷が何度も生じ、極端な場合にはそれがローターブレードやさらには風力発電機全体の、複雑な破壊につながることがあります。早期検出システムにより、この損傷は現場で簡単に修理でき、風力発電機の故障を予防できます。この損傷検出システムには、ローターブレードの構造を確実に監視することが必要です。

SH-Mセンサ

構造監視用のSH-Mセンサ

Structural Health Monitoring(SH-M) 構造監視ソリューション

構造的健全性監視は、風力発電機の当ローターブレードの構造的完全性を常時監視するための監視システムです。このシステムは、ティーチイン段階でローターブレードが通常状態でどのように動作するかを、独立して学習します。これにより、異常を早い段階で検出して、より詳細に調べることができるようになります。システムには長年にわたる試験済みの警告システムがあり、アクションが必要な場合にはシステムオペレータに通知します。これにより、大規模な修理と後続の損傷を回避します。

センサ:
構造監視に必要なデータを記録するために必要なセンサは、ローターブレード当たり1台のみです。センサは風力発電機での使用向けに最適化されており、2つの軸での加速度に加えて温度も測定します。このデータはブレードの構造的完全性を評価するために使用されます。これにより、初期段階で損傷を検出できます。

新設でも改造でも:
SH-M向けのセンサは、ローターブレードの最初の1/3に取り付けられます。そのため、構造監視システムは新規システムに装備するのに適しているわけではありません。SH-Mは既存の風力発電機に、改修ソリューションとして取り付けることもできます。ティーチイン段階の後、これらの風力発電機も現代的な構造監視の恩恵を受けます。

特長特長

  • ロータブレード上で直接損傷を回避することによる、風力発電機の安全性向上
  • 損傷を回避するための予知保全と、早期警告による予測可能な修理
  • 風力発電機の長時間のダウンタイムを防止することによるコスト削減
個別のご面談
個別ソリューションを今すぐリクエスト。
お客様のプロジェクト特有の要件についてのご相談を承っております。
お問い合わせください
フエニックス・コンタクトの風力発電機の前の冬の風景の風力チーム