冬季の風力発電機

ローターブレードの凍結検知 革新的な測定テクノロジ

ローターブレードの凍結は、風力発電機の危険性につながるだけでなく、環境や人体への危険にもつながります。フエニックス・コンタクトは、風力発電機の歩留まりを向上させるためのローターブレード用の確実な凍結検知システムを提供します。  当社のソリューションは、予想される氷堆積物の被覆厚とローターブレードの表面直上の温度を測定します。

アプリケーション

風力発電機が最大の歩留まりを達成するためには、問題のないシステム状態を保証する必要があります。しかしながら、極端な気候条件下では、ローターブレードで凍結が起こる可能性があります。氷の塊が落下すると、重大な損傷を引き起こす可能性があります。システムを停止させ、除氷システムを始動させることを可能にするためには、着氷を早期に検知することが重要です。

風力発電機の前でID-Sセンサを手にする保守技術員

ID-S:自律センサ

凍結検知システム(ID-S) 凍結検知のためのソリューション

フエニックス・コンタクト の凍結検知システムは、ローターブレード上の着氷の程度を測定し、風力発電機が確実に動作することを保証します。評価アルゴリズム(DNV GL認定会社により認定)により、継続運転を許可するか、風力発電機を停止させるかが決断されます。評価ユニットは、完全な制御盤ソリューションまたは統合システムとして利用することができます。

センサ:
センサは、単純に固定されており、氷の被覆厚とロータブレードの外部温度を測定します。センサには太陽光が直接供給され、最大1,000時間のメモリ容量があります。 

センサ信号は、ナセル内の評価ユニットに無線で送信されます。無線範囲は最長250 mです。センサの数が適切であれば、システムは自動再始動機能をサポートします。無線によるセンサの組込みで、システムは新しい風力発電機と既存のシステムへの改良の両方に適しています。

風力発電機のローターブレードへセンサを取り付ける保守技術員

簡単な改良に最適

改良:
無線によるセンサの組込みで、システムは新しい風力発電機と既存のシステムへの改良の両方に適しています。風力発電機に革新的な改良ソリューションを装備します。フエニックス・コンタクトは、ご使用の発電機のメンテナンスサービスを最適化し、歩留まりの向上を維持するための信頼できるパートナーです。 

特長特長

  • ローターブレードの被覆厚の測定による確実な凍結検知
  • 自動再始動機能により最大の歩留まりを実現
  • 温度測定によるブレード加熱の最適化されたクローズドループ制御
  • 事前に設定済みのコンポーネントにより、改良ソリューションとしても迅速な起動
  • 風力発電機コントローラへの組込みが不要なため、自律運転が可能
個別のご面談
個別ソリューションを今すぐリクエスト。
お客様のプロジェクト特有の要件についてのご相談を承っております。
お問い合わせください
フエニックス・コンタクトの風力発電機の前の冬の風景の風力チーム