Bechtle社:50台の電気自動車用充電ステーションを備えた社員用駐車場

50台の電気自動車用充電ステーションを備えた社員用駐車場

Bechtle AG社の新しい駐車場では、50台の電気自動車が充電できます。

概要

  • ドイツ最大のITシステム企業であるBechtle AG社は、社用車の電動化を持続可能性戦略に取り入れています。
  • 50箇所の充電ポイントを新しい駐車場に導入し、屋上に設置された太陽光発電システムで電力供給する必要がありました。
  • 特別な構造条件において、RTB GmbH & Co. KG社が、フエニックス・コンタクトの充電テクノロジと部品を使用した充電ソリューションを開発しました。
  • 駐車場内の保有車両用充電ソリューションは、Bechtle社の電気自動車の保有車両の拡張をサポートします。

アプリケーション

新しい社員用駐車場の入札には、50台の電気自動車に充電ポイントを提供するという条件が含まれていました。他の要件としては、容易な拡張、計量基準に準拠した課金、再生可能エネルギーの使用を促進するためのエネルギー管理システムなどがあります。

鉄骨骨組みの現代的な駐車場ビルには、多くの耐力壁を備えておらず、そのオープンなデザインは垂直の鋼鉄支持材およびX字状の筋交いを備えているのが特徴です。充電ポストを使用した場合は、衝突保護装置も必要になります。これは貴重なスペースを取り、コストも増加させてしまいます。耐力壁がないと、家庭用充電ステーションを取り付けることはできません。充電ポイントを設置するための唯一の選択肢は、薄型の鋼鉄支持材でした。

充電ポイントは、安全で信頼性が高く、周囲の全体的な外観に合うようにする必要がありました。さらに、商業部門の電気設備は定期的に見直す必要があり、関連する費用が充電ポイントの数に正比例して上昇してしまうのを防ぐ必要があります。

中央制御盤内の保護機器と開閉機器

保護機器と開閉機器を備えた中央制御盤内の制御部品

ソリューション

「当社は、ビーレフェルト(Bielefeld)に拠点を置く建設会社であるGoldbeck社に、駐車場の建設における当社の総合建設請負業者としての役割を依頼しました。」とRainer Kury氏は言います。「駐車スペースには、本当に必要なものだけが含まれていれば良いのです。」 その結果、充電ポイント自体は、タイプ2充電ソケット、ユーザーを識別するRFIDリーダー、およびローカルLEDステータスインジケータのみで構成されます。保護機器と開閉機器、充電コントローラ、エネルギーメーターは中央制御盤に収納されています。

ドイツのネッカーズルム(Neckarsulm)にあるBechtle AG社のFacility Managementチーム担当、Torsten Kocher氏は、次のように説明しています。「アクティブな電力伝送コンポーネントは充電ポイント自体には設置されていないため、個々の充電ポイントのメンテナンスには目視検査と機能テストを要するのみになります。」 車両の充電がない場合、実際の充電ポイントには12 Vを超える電圧は存在しません。重要な保護機器と開閉機器は中央エンジニアリング室で点検されます。

E-MobilityのスペシャリストであるRTB社は、フエニックス・コンタクトのCHARX control basic充電コントローラを、CHARX control rcm残留電流監視モジュールと組み合わせて使用することを決定しました。この組合せは、車両による残留電流に続く自動リセット機能により、高可用性を確保して、不要な修理を防止します。ユーザーの識別が完了すると、標準のRS-485インタフェースとその上にあるModbus/RTUプロトコルを介して関連する充電プロセスを有効にすることができます。

グラフィック:制御盤内のCHARX control basicとエネルギーメーター

制御盤内のCHARX control basicとエネルギーメーターはPCを通じて制御されます。

現在の充電電流と電力値、および充電済みのエネルギー量は、同じくフエニックス・コンタクトのEEM-350エネルギーメーターを使用して記録されます。もう1つの特長は、機器がMID認証を受けていることです。そのため、エネルギーメーターを使用して、計量基準に準拠した充電プロセスに課金することができます。

「このシステムは、駐車スペースを監視して、駐車場全体で利用可能な最も近いスペースへの動的なガイダンスをユーザーに提供するために使用される、駐車場制御エンジニアリングにもリンクされています。」とTorsten Kocher氏は付け加えています。「これにより駐車場がもっと利用し易くなります。」

Bechtle社の駐車場屋上にあるソーラーパネル

駐車場屋上のソーラーパネルは車両を充電するためのエネルギーを生成します。

まとめ

駐車場の制御エンジニアリング、充電テクノロジ、および課金プロセスに携わる企業の中核となる能力を組み合わせることで、駐車場での保有車両の充電に最適なソリューションを見つけ出すことができたのです。ここでは、建設とメンテナンスに関連するすべての必要な側面が考慮されました。

再生可能エネルギーの使用を最適化するためのコンセプトも実施されました。「当社の設備は、最初からスムーズに動作しています」とTorsten Kocher氏は状況をまとめて説明しています。「フエニックス・コンタクトの部品を採用した当社のRTBソリューションは、当社が保有する電気自動車の拡張を促進する成熟度を持っています。」

Kontakt (ja)
日本の連絡先
フエニックス・コンタクト株式会社