フェルール

フェルール

フェルールは、プロセスの信頼性が高い導体の組立て、配線、その後の処理において使用されます。電気エンジニアリングシステムで、機械的および電気的の両方の多くの利点があります。フェルールの主な役割は、導体のばらけを防ぎ、個々の電線をねじ式端子台に接続する時などのような機械的影響から保護することです。スプリング式端子が使用される場合は、銅線とフェルール間の確実な接続が非常に重要です。適切なフェルールプライヤと共に、スリーブの材質は、最適で信頼性の高い圧着端子接続方式のために重要です。

フェルールを指の間に挟んで持っている人

フェルールの重要な特長

  • 長期にわたる操作の安全性や接点の信頼性の向上
  • 時間節約のさらなる処理(特にPush-in端子台の場合)
  • 再配線を繰り返しても確実な接続
  • ケーブル断線の低減
  • 簡単な断面検出
  • 耐振動性の向上
  • 恒久的な低接触抵抗
  • 個々の電線を保護(特にねじ端子台の場合)
  • ねじ接続の場合の一貫した圧着

フェルールの規格

DIN 46228では、フェルールは0.5~50 mm²と定義されています。この規格には4部あります:

  • Part 1:プラスチック製スリーブなしの管状エンドスリーブ
  • Part 2:圧着タイプのエンドスプライス、絶縁グリップあり/なし
  • Part 3:コンダクタを含むエンドスプライス、絶縁グリップなし
  • Part 4:プラスチック製スリーブありの管状エンドスリーブ

スリーブの幾何学的寸法の他に、材料、断面積に応じた着色、およびテスト仕様はすべて規格の一部です。さらに、フェルールはクラス2、5、6の導体に対応する必要があります。導体の断面積は、電気抵抗値を通じて規定され、フェルールの場合のような幾何学的寸法を使用した定義ではありません。そのため、より多くの断面積のバリエーションが可能です。このため、スリーブと導体との間に多少の相違が生じます。しかし、フエニックス・コンタクトのフェルール圧着工具は、主にこの容量差を補うために設計されています。

DINに加えて、スリーブのフランス規格、NF C 63-023があります。いくつかの断面積の着色を除いて、NF規格はDIN規格に基づいています。UL 486FおよびカナダのC22.2 NO. 291-14は、フェルール用の規格化の分野では新しいものです。これらの整合規格も同様にDINに基づいていますが、試験方法や特定の要件についてさらに詳しく説明します。

UL 486Fでは、2線式接続用の「TWIN」フェルールなどの特殊スリーブも初めて規範的に定義されています。前述のULおよびCSA規格に準拠した認証を行うには、それぞれの組織で幅広い試験を実施する必要があります。フェルールだけでなく、フェルールプライヤとフェルールで構成されるシステム全体も試験・認定を受けています。

使用中のフェルールと圧着工具

フェルールと圧着工具

品質、安全性、互換性に関する国際規格の先駆者

最初のメーカーの1社として、フエニックス・コンタクトは、2016年に施行されたUL 486F規格に準拠して認証された一連のフェルールプライヤとドイツ製フェルールを組み合わせました。DIN 46228‑1/‑4規格への準拠と共に、フェルールプライヤは、品質、安全性、互換性に関する市場要件を満たしています。そのため、フエニックス・コンタクトは、輸出志向の顧客向けのシリーズにおいて、世界的に受け入れているシステムを備えています。