Empowering the All Electric Society(全ての電動化社会の強化)

よりよい未来に貢献する技術ソリューションに興味がありますか。お問い合わせください。当社が目指すAll Electric Society(全ての電動化社会)について、さらなるアイデアや情報をお客様と共有できれば幸いです。



All Electric Society(全ての電動化社会)―世界をネットワーク化

よりよい世界のための技術ソリューション

All Electric Society(全ての電動化社会)とは
All Electric Society(全ての電動化社会)のご紹介 YouTube

再生可能で手頃かつ十分な電気エネルギーが利用可能な社会:これがAll Electric Society(全ての電動化社会)であり、カーボンニュートラルで持続可能な方法で発展する世界の、科学的根拠のある未来のビジョンです。これを実現するための道のりは、生活と仕事に関わるすべての分野での、包括的な電化、ネットワーク化、オートメーションからつながります。フエニックス・コンタクトは、多くの製品、ソリューション、アプリケーション例を通じて、持続可能な産業社会への変革を積極的に後押ししています。

これはAll Electric Society(全ての電動化社会)のビジョンです。現在抱えている主要な問題のすべてに対応するというビジョンです。地球の繁栄を可能にしながら気候変動に対するためには、やはりカーボンニュートラルなエネルギーが重要な要因です。
フエニックス・コンタクトはこの活動の前線に立ち、パートナーとお客様に活力を与えています。

Frank Stührenberg, フエニックス・コンタクトCEO
Frank Stührenberg
気候変動と産業課題
気候変動と産業課題 YouTube

###気候変動はすべての人に影響

現代社会が直面する、気候変動との戦いと繁栄と発展を希求する何十億人もの人々という2つの大きな問題は、一見相反して共存できないように見えます。しかし、それらは同時に対処することしかできません。課題は、消費を許しながら、同時に気候を保護することです。これらの問題に取り組むには、技術革新が重要な役割を果たします。目標:世界の全エネルギーニーズが再生可能なソースで賄われること。

風景の中の風力発電機
持続可能な成長のための持続可能なエネルギー YouTube

###持続可能な成長のための持続可能なエネルギー

2020年に公開された世界経済フォーラムのダボス会議による報告書では、17項目の国連の持続可能な開発目標(SDGs)のうちの10項目を達成するのに、テクノロジが重要な役割を果たすとしています。(出典:Unlocking Technology for the Global Goals)。サブ目標の約70%は、技術革新で直接サポートされます。目標7-クリーンで手ごろなエネルギー―は、All Electric Society(全ての電動化社会)を実現するためのカギです。現在、フエニックス・コンタクトの多くの製品とソリューションは、これらの将来の問題に対し既に最初の回答を提供しています。

製造内の機械

オープン制御技術により将来に備えたオートメーションソリューションが実現 ITとOTの専門家の集合知を活用

セクターを包括的に自動化するため、制御技術は個々のアプリケーション分野の境を越えて共に成長する必要があります。PLCnext Technologyエコシステムなどのオープン制御技術により、ハードウェアやプログラミング言語に関わらず、これが可能になります。さらに、ITとOTの専門家の集合知を活用して、個別ソリューションを迅速に実装し継続的に開発しています。

洋上風力発電所

信頼性のある電源ソリューションで、ネットワーク化されたシステムの障害を回避 優れたシステム可用性を確保

セクターがますます電化、ネットワーク化、オートメーション化することで、信頼性の高い電源ソリューションへの依存度が高まります。セクタへの信頼できる給電とカップリングのために、サージ保護、無停電電源装置、冗長化モジュール、互換性のある機器サーキットブレーカにより、あらゆるアプリケーション向けのソリューションを提供しています。

自動車製造の修理工場

シングルペアイーサネット(SPE)により、現場レベルまでのシームレスなIIoT通信が可能になります。 省資源で高性能なデータ伝送

セクターの省電力化には、オートメーションが鍵となります。それには、すべての機械、機器、センサ、アクチュエータを産業向けIoTにネットワーク化することが伴います。ここでSPEにより一貫したイーサネット通信を確保します。SPEとは、データと電力の高性能な並列伝送を意味します。センサからクラウドまで1対の配線で済み、省資源。

大都市の5G電波塔

5Gにより無線通信の信頼性が向上 すべてのセクター内とセクター間の強力なネットワーク化

信頼性の高いネットワーク化は、セクターカップリングの基本要件です。この
5Gブロードバンドテクノロジにより、すべてのセクター間の無線通信が可能に:高速データ伝送や、多数接続、超低遅延時間。機械とアプリケーションとの間のインテリジェントな5G通信により、製造からロジスティクスまで、より自律的で効率的なプロセスが確保されます。

夜明けの街

適切なデータでビルを省電力化 オープンIoTフレームワークによる包括的なオートメーション

屋上の太陽光発電システム、地下室の熱電併給プラント、ドアの前の充電ステーション:現代のビルでは、セクターの組合せは既に現実のものとなっています。それを全体的なシステムとして自動化した方法で、できるだけ省電力に運用できるようにするためには、システムやセンサからの幅広いデータを汎用的に使用する準備ができていなければなりません。Emalyticsビル管理システムのオープンIoTフレームワークにより、これが可能です。

ソーラーパーク内のソーラーパネルの空中写真

認定送電コントローラにより、エネルギー転換のハードルが下がります 太陽光発電システムをより迅速にグリッド接続

分散型太陽光発電システムは、All Electric Society(全ての電動化社会)における信頼性の高い電源に大きく貢献します。フエニックス・コンタクトの認定済み送電コントローラにより、役所的な手間をかけずに新規システムを迅速にグリッド接続することができます(グリッド適合性の証明書を長時間待つ必要はありません)。これにより、エネルギー革命が簡素化するだけでなく、さらに加速します。

電気サービスステーションのある自動車駐車場

Vehicle-to-gridにより、保有車両を収益性のあるバッテリーモジュールシステムに変えることができます 電気自動車のバッテリーを電流バッファとして使用

E-Mobility充電コントローラCHARX control modularにより、電気自動車のバッテリーのインテリジェントな充電が可能になります。さらに、必要な時に電気をグリッドに戻すこともできます。vehicle-to-gridと呼ばれるテクノロジが背景にあります。技術要件と基礎となる条件は、ISO 15118に記載されています。CHARX control modularは、この規格を満たし、vehicle-to-gridに対応しています。

夜の街路

効率的なモビリティは、インテリジェントな照明管理から始まります。 スマート輸送ルートに沿ったエネルギー消費の削減

スマート街路照明は、最新の制御技術、センサ、クラウドベースのサービスへの接続により、街路照明をインテリジェントにします。街灯は、気象条件や変化する照明条件、一般的な道路使用状況に合わせて、照明強度を調節します。スマート輸送ルート上の安全性や快適性、効率向上のために。エネルギー消費を大幅削減